高血圧の基礎知識 記事一覧

なぜ高血圧だといけないの?
なぜ高血圧だといけないと言われているのでしょうか? 血圧が高い状態が続くと血管がその圧力に耐えようとして、動脈の壁が厚くなってしまいます。それによって、動脈自体が硬くなり動脈硬化になります。

肝機能の低下が招くこと
肝臓は、肝機能が低下していても自覚症状を感じにくいので「サイレントキラー(沈黙の臓器)」と呼ばれています。そのため、健康診断や人間ドックでの血液検査結果に異常が現れた時には、生活習慣を改善することが重要になります。

高血圧の種類
高血圧の種類についてお伝えしているページです。高血圧は大きく2つに分けられますね。続発性高血圧(二次性高血圧)と本能性高血圧(一次性高血圧)です。

女性の高血圧
女性の場合、50代頃から高血圧に注意しましょう。若い頃から血圧が低めだったり、健康診断や病院で測ったりした時に正常だったという方でも、更年期になると高血圧になる可能性が出てきます。

早朝高血圧
早朝高血圧とは、早朝の血圧が上がる時に通常よりも高くなってしまうものです。血圧は1日の中で時間帯により、上がったり下がったり変動しています。中でも、早朝に最も高くなるのが早朝高血圧となります。

早朝高血圧対策
早朝高血圧対策についてお伝え致します。朝の血圧が高いことを早朝高血圧と言います。早朝高血圧かどうかをチェックするには、朝と夜の血圧を1〜2週間ほど繰り返して血圧を測ります。