なぜ高血圧はいけないのでしょうか?

高血圧は動脈硬化に繋がる?

なぜ高血圧だといけないと言われているのでしょうか?

血圧が高い状態が続くと血管がその圧力に耐えようとして、動脈の壁が厚くなってしまいます。

それによって、動脈自体が硬くなり動脈硬化になります。

その結果、様々な合併症がおきてしまうのです

血管の中を流れる血液の圧力がとても強くなってしまうので、常に血管に刺激がかかって傷つきやすくなります。

傷ついた血管の周りに、血の塊ができて血管を狭めてしまうのです。

それと、生活習慣の乱れなどからコレステロールなどの脂質が溜まるとさらに血管は狭まり増々血液が通りずらくなってしまいます。

その血の塊が脳卒中や心筋梗塞の原因となると言われています。

特にたくさんの血液を必要とする、脳や心臓などに障害が及ぶのです。

高血圧と血管&心臓の関係

血液を送る役割をしているのが、心臓です。

強い圧力で血液を送っている心臓なので、たくさんのエネルギーを必要とし疲れやすくなってしまいます。

通常よりも余計な負担がかかるので、心臓の筋肉が大きくなり(心臓肥大)心臓の働きが低下することが考えられます。

高血圧は血管や心臓の負担になってしまうのです

この高血圧の状態が続くと、血管や心臓の老化を早めてしまいます。

高血圧の状態を放っておくと将来、大きな病気になってしまうかもしれません。

今のままの生活習慣を続けて高血圧を放置しておくと、将来何かの病気にかかる確率が高くなってしまうということです。

高血圧が怖い病気なのは、ある程度進行するまで自覚症状が現れない所です。

自分が高血圧だと気付かないまま生活し、ある日突然倒れてしまう・・・ということもありえます。

将来、大きな病気にならないためにも高血圧を放置することはいけないのです

血圧をコントロールすることで、脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる病気になるリスクが減ってきます。

高血圧だとわかったら、早いうちにきちんと対処し血圧を下げるだけではなく、高血圧による合併症への予防に繋がるのです。

特に食生活に気を付け、生活習慣の改善を心がけ合併症の予防をしましょう!