肝機能の低下が招くことって?

肝臓は沈黙の臓器と言われています

肝臓は、肝機能が低下していても自覚症状を感じにくいので「サイレントキラー(沈黙の臓器)」と呼ばれています。

そのため、健康診断や人間ドックでの血液検査結果に異常が現れた時には、生活習慣を改善することが重要になります。

肝機能検査で数値として現れるのがALT

特定の健診においてALT値が30を超えた状態になると「異常」となります。

医師からこの数値を注意されたら、しっかりと対策を取りましょう。

肝臓の病気は、脂肪肝からはじまり脂肪性肝炎→肝硬変→肝臓がんとなる可能性があります。

これは何も対策をしていなかった時におこりうる最悪のケースですが、肝臓に中性脂肪やコレステロールが付く脂肪肝が発見した時から生活習慣を改善することで予防が可能になります。

1度肝機能が壊れ始めると、正常な状態に戻すのにとても時間がかかります。

1回くらいの禁酒では、元に戻らないとも言われています。

肝機能を回復させるには?

脂肪肝とは、中性脂肪やコレステロールが肝臓に蓄積している状態のことを言います。

脂肪肝には大きく分けると2種類あり、お酒の飲み過ぎによる「アルコール性脂肪肝」と甘い物の食べ過ぎや太りすぎによる「非アルコール性脂肪肝」があります。

アルコール性脂肪肝の多くの原因は、肥満・糖尿病・アルコールの飲み過ぎになります。

非アルコール性脂肪肝の原因は、偏った食事や肝臓に負担をかけすぎている場合です。

肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まっている脂肪肝は、動脈硬化などの生活主観病を引き起こす可能性があります。

脂肪肝は初期の段階で発見し、改善を進めることで命に関わる危険性はありませんが、症状が進行すると死に至るケースもあります。

脂肪肝を予防し、肝機能回復をするためにできることはライフスタイルを見直すことが大切です。

脂肪肝で1番注意したいことが、アルコールを飲み過ぎないことです。

毎日アルコールを飲む方は、量を減らしたり週に2日は休肝日を作る、禁酒をする。

肥満しているなら、1日に必要以上のカロリーを摂らないなどをして減量するように心がけましょう。

適度な運動をすることも大切ですね。

エレベーターを使わないで階段を使ったり、車を使わずに歩くなど毎日ちょっとずつでも続けられることから始めてみましょう。

肝機能を高めるサプリも発売されています。

このように肝臓病の予防や改善を生活の中に組み込み、肝機能を高めるサプリを補助的に利用するのも良いですね。