便秘が肝臓に負担をかける理由

肝性脳症という重い病気を発症する可能性もある

便秘が肝臓に大きく負担をかけている事はご存知でしょうか?

毎日、便をしている方の中にも隠れ便秘の方がいると聞きます。

残便感がある方や下腹部にハリを感じる方、たまに便の周期が乱れる方は隠れ便秘の可能性があります。

特に毎日お酒を飲まれる方、味の濃い食事や脂っこい食べ物を食べる方は注意が必要です。

では、なぜ便秘が肝臓に負担をかけるのでしょうか。

ここでは便秘と肝臓の関係についてご紹介しています。

便秘になってしまうと便が腸に溜まってしまいます。

便は毒素でもあるアンモニアを発生させ、溜まった便から発生されたアンモニアは肝臓に送られ解毒されます。

このような事から便秘になってしまうと肝臓の仕事が増え、肝臓に負担をかけてしまうのです。

肝機能が低下している時はアンモニアの分解がうまく行われず、アンモニアがそのまま血液中に溶けてしまい口臭、体臭になって身体から排出されます。

また、アンモニアが混ざった血液が脳に達してしまうと意識障害や記憶障害などを起こす肝性脳症という重い病気を発症する可能性もあるので注意が必要になります。

肝臓に必要な栄養素をしっかり補える肝臓サプリ

上記でご紹介してきた内容が便秘と肝臓の関係になります。

やはり、便秘になった時にも問題がないように肝臓を日頃から労わる事が大切になってきます。

最近では肝臓サプリを利用して肝臓の働きをサポートしている方も多いと聞きます。

特に頻繁にお酒を飲まれる方や脂っこい食事を好んでいる方は知らず知らずに肝臓に負担をかけています。

肝臓は沈黙の臓器とも言われており、肝臓に負担をかけていても症状が出ない事が多く、気付いたらもう手遅れという事も多くあるようです。

そうならないためにも肝臓をしっかりサポートしてあげる事は重要になります。

肝臓サプリには普段の食事から摂取する事が難しいと言われている栄養素をしっかり補う事ができるので肝臓をしっかりサポートする事ができます。

当サイトでもおすすめの肝臓サプリをランキング形式でご紹介しているので肝臓サプリ選びの際に参考にして頂きたいと思います。