肝臓サプリを飲む前に!血圧の正常値を知ろう

血圧を下げるために肝臓サプリを使いたい場合

肝臓サプリを通販する前に、ご自身の症状について知っておくことも大切かと思います。

血圧が高い事を気にされていて、血圧を下げる効果を期待している方も多いのではないでしょうか。

40代になって急に血圧が上がってきた・・・若い時の不摂生が原因かも。

そういった心当たりがある方もいらっしゃると思います。

血圧を下げることは、生活習慣、食生活の改善などとともに、血圧を下げる効果が期待できるサプリも上手く活用することで十分、下げることが可能と言えます。

例えば、肝パワーEプラスというサプリには肝臓、血圧に欠かすことの出来ないタウリン、亜鉛などが多く含まれています。

タウリンには食塩によって引き起こされる高血圧を改善、血圧を安定させる効果があることが分かっています。

亜鉛は動脈硬化を予防し、丈夫な血管作りに役立ちますね。

詳しくはこちらの公式サイトに書かれていますので、ご覧になってみてください。

血圧の正常値とは

血圧の正常値は4年ごとに改訂されており、年々変化しています。

年齢に関係なく健康に不安のある方が多いと思われますが、健康のバローメーターを図る意味でも血圧の正常値は把握しておく事が大切です。

また、時代と共に血圧の正常値は変化しておりますが、降圧目標血圧値というものは年々厳しくなっている傾向にあるため血圧の正常値を認識し、日々のチェックは欠かせないのです。

血圧の正常値というものは、医療機関で測るものと自宅で測るものとは正常値に差が出ますし、正常値の数値が違います。

そのため、血圧の正常値は医療機関の数値と自宅で測る数値、別々に把握しておかなくてはいけません。

現在、血圧の正常値といわれる数値は医療機関で測る場合「140/90mmHg」

自宅で測る場合は「135/85 mmHg」となっています。

なので、仮に血圧がこれ以上になる場合「軽傷高血圧」「中等高血圧」「重傷高血圧」などに分けられ、正常値よりも血圧が高い場合は、すべてにおいて言えるわけではありませんが、糖尿病や慢性肝臓病等を疑う必要がありますし、正常目標数値を保たせる事が必要です。

例えば、高齢者の血圧値は医療機関で測る場合の目標が「140/90 mmHg」となります。

家庭用のもので測る場合は「135/75 mmHg」が目標値となりますので、この数値を基準に血圧が上がりすぎないように気をつける事が大切です。

糖尿病の方は、目標数値が「125/75 mmHg」となりますので、なるべくこの目標数値に近付けなくてはいけません。

比較的この数値を見てわかるように血圧における目標数値は低く厳しくなっているため、健康に不安を抱える方だけでなく、日々健康に過ごすためにも血圧の正常数値はもちろん事、目標数値を認識し食事や生活習慣等に気を配る事が大切です。