高血圧を放置したらどうなるの?

動脈硬化や脳卒中を引き起こす恐ろしい高血圧

主に血圧において合併症が恐いと言われるのが高血圧です。

そのため、高血圧にならないように正常の血圧数値等を認識し、日々食事や生活習慣等を見直す事も必要です。

ただ、高血圧自体、それに伴う自覚症状があまりハッキリしませんから、高血圧にならないためにも家庭用の測定器等を利用し日々のチェックも必要です。

高血圧は、放っておけばすぐにというものではありませんが、多くの場合が動脈硬化等を起こす事が考えられます。

また、高血圧を放置する事によりいずれ脳卒中を引き起こす危険性も高くなるため、高血圧の恐ろしさというものもよく認識し血圧はしっかりとコントロールする事が大切です。

高血圧でいちばん危険と言われているのが、はじめに紹介した「動脈硬化」です。

この動脈硬化になる事により、血圧は更に上昇する傾向にあるため、高血圧が動脈硬化となり、動脈硬化が高血圧を更に招く悪循環となって、いずれ脳卒中等を起こすと言われています。

そのため、血圧は日頃から健康に不安がある方だけでなく意識していかなくてはいけません。

高血圧と動脈硬化の関係

動脈硬化とは、簡単にいえば血管の内腔が狭くなり血管の弾力が無くなる事を意味します。

また、動脈硬化になる事により血圧が上昇しますが、血圧の上昇が続く事により血圧が圧力に耐えなくてはいけない状態を意味します。

そうなると動脈自体の血管壁が厚くなってしまい、血液が流れなくてはいけない内腔が狭くなってしまいます。

また、それが原因で血管が傷ついてしまいます。

血管が負傷するとコレステロールが溜まりやすくなりますが、脂質もたまりやすくなってしまいます。

更にそれによって内腔が更に狭くなるという悪循環がおきてしまうのです。

これらの悪循環が招く結論は「血液がスムーズに流れずに血液の流れる抵抗が増えてしまうため血圧がどんどん上昇」してしまうのです。

高血圧と動脈硬化は、どちらも現代の代表的な成人病と言われています。

  • 高血圧があると、動脈硬化になりやすい
  • 動脈硬化があると、高血圧になりやすい

そういった関係性を持っています。

高血圧と動脈硬化は以上のようにお互いに深い関係にあるため、まずは高血圧の方は血圧を下げる取り組みをされると良いでしょう。

降圧剤などを病院からもらって血圧を下げている方も多いでしょう。

しかし、降圧剤で血圧を下げることは体に負担がかかるという事もありますから、やはり日々の生活の中で血圧を下げるように生活習慣などを改善して行くことは必須ではないでしょうか。

そうした改善のサポートに、肝パワーEプラスなどの肝臓サプリは役に立つでしょう。