肝機能低下の自覚症状とは

症状が出る前から対策を

「肝臓は物言わぬ臓器」と言われます。
沈黙の臓器とも言われますよね。

肝機能低下の自覚症状としては、尿の色が変わったり、男性であればホルモン分解機能の低下による胸の膨らみなどもあるそうです

それだけに自覚症状が出たときには症状がかなり悪化、状態が進行していると考えて良いということです。

参考:肝臓の仕事、働きについて

ですから、定期的に健康診断を受けて肝臓をはじめとして各種数値を気にすることはとても意味のある事、といえます。

その上で早めの段階で健康維持のために肝臓サプリなどを利用されることは良いことだと思います。

アルコールも肝障害の原因となる

肝臓の代表的な病気として色々とありますが、2種類の原因にまずは分けられるのだそうです。

お酒が好きで毎晩飲む!という方はドキッとしたのではないでしょうか。
アルコール性が原因で肝障害も引き起こされるということです

アルコール性の肝障害には【脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝がん】
ウイルス性の肝障害には【急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がん】

などがあります。

いずれにしても物言わぬ臓器である肝臓、機能低下、血圧の数値などが気になる方は、定期的に健康診断を受診し、数値が改善されるように日常生活について気をつける事をオススメします。

その一環として、肝臓サプリを活用されるとより良い効果が期待できるでしょう。