アルコールの飲み過ぎによって中性脂肪がたまる

アルコール性の脂肪肝から肝炎や肝硬変になる可能性もある

私たちの肝臓は、健康な人でも約3%〜5%ほどの中性脂肪やコレステロールなどは含まれていると言われています。

健康診断などの血液検査により、γ-GTPの数値が100以上であった場合は、脂肪肝の可能性があります。

脂肪肝となる原因とされているのは、アルコールの飲み過ぎや肥満と言われていますが、それ以外にも原因とされているものがあります。

・果糖
・栄養補給剤
・ダイエットなどがあげられています。

果糖は脂肪に変わりやすいと言われており、糖分の半分が肝臓で脂肪に変わってしまいます。

ビタミン剤やドリンク剤などには、飲みやすいように糖分をたくさん含まれていることが多く、また急激なダイエットなどは体内に蓄積されている脂肪が一気に肝臓に集まり過食と同じ状態となってしまいます。

また、慢性的にアルコールを取ることにより、肝臓は無害なものに変えるための解毒の作用をします。

アルコールの飲み過ぎにより、中性脂肪がたまり、アルコール性の脂肪肝になってしまうのです。

このアルコール性の脂肪肝が進行してしまうと、肝炎や肝硬変というアルコール性の肝障害になっていきます。

改善方法はお酒を控え生活習慣を改善していくこと

症状があらわれるまでに、なかなか自分では気が付きにくい病気でもあります。

アルコール性による脂肪肝の、改善方法はお酒を控え生活習慣を改善していくことです。

お酒の飲酒量を控えていくことが、アルコール性の脂肪肝を治す最大の方法とも言えます。

全く飲まないのが、脂肪肝を改善していく方法としては一番早いのではないでしょうか?

そうすることにより、約1ヶ月くらいで基準値程度まで回復すると言われています。

アルコール性の脂肪肝と合わせて注意しなくていはいけないのは、肥満症です。

肥満により脂肪肝になることもありますので、健康診断などで肥満とされた方は、毎日の食事を見直して野菜中心で適度な運動もとりいれることはオススメです。

脂肪肝は男性で40歳前後、女性は40代以降の方が多いと言われていますので、毎年健康診断はきちんと受けることは自分の健康管理を知る上でもとても大切です。