肝機能を回復させる方法とは?

自覚症状をチェックしましょう

肝機能が低下すると、色々な症状が出てきてしまいます。

例えば代表的な症状として、疲れやすい、ということがあります。

疲れやすく、休んだはずなのに疲れが取れない・・・。
全身がだるい。
休日ゆっくり休んだはずなのに、どうにも元気が出ない

日頃忙しい方であれば、仕事の疲れが溜まっているのかな?
と思わないでもないですが、実は疲労の蓄積では無くて肝機能が低下しているせいかもしれません。

肝機能が低下しているときの自覚症状には以下のようなものがあります。

肝臓の機能が低下する原因としては、食べ過ぎ、飲み過ぎ。
つまり、暴飲暴食ですが、それ以外にも睡眠不足、ストレス。
さらには運動のし過ぎも肝臓機能の低下の原因となるそうです。
どれをとっても、日常生活に密接に絡んでいますよね。
日頃の行いが、肝機能の低下に繋がっているといえます。

なんか最近疲れが取れなくて・・・。
もしかして、肝機能が低下してるかも・・・?

と思い当たる方は、自覚症状をチェックしてみてはいかがでしょうか。

・疲れやすくて、疲れが取れない(午前中から疲れている)

・食欲低下

・黄疸が出る

・お腹が張る

・眠気が酷い

・熟睡できない

・便通が悪く、おなら・便臭が臭い

・体がかゆい

などの自覚症状があります。

では、肝機能を回復する方法、肝臓を強くする方法としてはどいったものがあるでしょうか。

肝機能を強くするには

肝機能を強くする方法としては、肝臓に優しい食事、休ませる事、肝臓を労る事が基本と言えます。

【食べ過ぎない】

まず、「食べ過ぎない」ことが大切です。

肝臓を疲れさせる、肝機能を低下させる原因の一つに、食べ過ぎがあります。

食べ過ぎることで肝臓が過剰な栄養の処理に忙しくなり、疲労してしまいます。
食べ過ぎないことがまずは、肝機能を回復させるために重要と言えます。

【高タンパク・高脂肪な食べ物を控える】

高タンパク・高脂肪な食べ物を処理するのは、やはり負担です。
例えば、卵、乳製品、肉類、パン・パスタなどがあります。

普通に食べている分にはそれほど大きな負担にはならないでしょう。
やはり食べ過ぎると、肝臓にとっては負担となります。

同様に、揚げ物も控えた方が良いでしょう。

では、積極的に摂取した方が良いものはどういったものがあるでしょうか

肝機能を回復させる食材、方法

野菜や果物、大豆製品は毎日の食卓に取り入れたい、肝機能を強くするのに積極的に食べたい食材となります。

特に大豆に含まれるサポニンには、肝臓を再生させて肝臓の機能を正常化する働きがあります。
大豆はぜひ毎日の食卓に取り入れたいですね。

他には、牡蠣、アサリ、しじみ、といったタウリンが豊富に含まれる食材がオススメです。

タウリン、オルニチンといった成分をしっかり摂取するには、サプリの利用がオススメです。
食事から毎日必要な量のタウリン、オルニチンを摂取するのは、やはり大変です。

肝臓サプリを上手く活用して、肝機能を強化する成分をしっかりと補給してみてはいかがでしょうか。