肝臓の仕組み

肝臓の構成

肝臓は私達の体でもとても大切な役割を担っている臓器です。

しかしあまりよく肝臓のしくみをご存知ではないという方も多いようですので、改めて肝臓のことについて確認しておきましょう。

肝臓は胃のとなりにある臓器です。

体の中でも最も大きな臓器となっており、成人で大体1キロ強くらいの重さがあります。

肝臓には多くの血液が絶えず流れ込んできています。

他の臓器の場合は静脈と動脈の2本の血管が入っていますが、肝臓には更に門脈という腸や胃などから必要な栄養素と共に血液が流れこんでくる血管が存在しています。

たくさん血液とともに栄養素が流れこんでくるということはとても重要な役割を担っていることがわかります。

もしも肝臓の機能が弱まってしまうと体全体に送り込まれる血流も悪化し、必要な栄養素も十分に送り届けられないことになってしまいますよね。

つまり私達の健康のカギを握っているとても大切な臓器であるといえるのです。

ですから、健康のためにも、肝臓のケアは大切になります。

当サイトでは肝臓が気になり始めた方に、おすすめのサプリメントをご紹介しています。こちらからご覧ください。

肝臓の働き

肝臓には主に3つの働きがあります。

まずは解毒作用で、体内に入り込んだ有害物質を尿や胆汁に溶けやすくさせて体外にスムーズに排出させる役割があります。

お酒を飲んで強いか弱いかということを決めるのが、肝臓でアルコールを分解させ解毒させるための酵素が多いか少ないのかによって分かれるのです。

元々の体質で肝臓での分解機能が弱いということはお酒にも弱いということなので注意が必要ということになります。

もう一つの働きは代謝機能です。

食事から摂取したタンパク質や糖、脂肪などの成分を私たちの活動に必要なエネルギーへと変えてくれます。

肝臓での代謝機能が正常に機能しないと健康の維持ができなくなってしまうのです。

最後に胆汁を生成させて分泌するという大切な役割もあります。

胆汁は消化液のひとつで脂肪の消化や吸収を助けるために必要となる胆汁酸が含まれています。

胆汁がなければ脂肪をうまく消化させることができなくなってしまいます。

このように肝臓はとても大切な役割を担っていますので、健康的に保つことがとても重要なのです。

こちらでは、肝臓の異常を知るための方法をご紹介しています。