肝臓の異常を知るには

肝臓に異常を知る

肝臓は健康を維持するためにとても大切な役割を担っていますが、「沈黙の臓器」と呼ばれるほど何らかの異常があっても自覚症状になかなか気が付かないものです。

肝臓の役割や仕組みはこちらをご覧ください。

もしも何らかの異常に気がついた時には肝機能が悪化している状態になっている場合が多いので、早めに異常に気がつけるようにしなくてはいけません。

肝臓の異常を察知するためには、血液検査を行なうことがおすすめです。

血液検査によってなぜ肝臓の異常がわかるのか確認してみましょう。

肝臓で何らかの機能障害が生じた場合に血液検査を行なうと、異常を示す数値が出るようになります。

その理由としては肝細胞などの肝臓にある細胞が血管の通り道にあることから、肝臓内の物質が血液に流れ出てくるため異常を示すことになるのです。

肝機能に関する検査値は色々な種類があり、それぞれ基準値を基にして異常を判断することができます。

肝臓の異常を知らせる数値

GOT(AST)は肝臓だけでなく脳や心臓などにも存在している酵素のことです。

この数値が基準値以上となると肝細胞の障害が疑われます。

GPT(ALT)も肝臓に多く存在している酵素のひとつで、GOTと同様に基準値以上を示すと肝細胞の障害が疑われます。

GOTとGPTの数値のバランスを確認することも、とても重要なことです。

どちらも数値が高い場合は肝臓に異常がある疑いが非常に強いですが、GOTだけが高くてGPTが正常値内という場合は、心筋梗塞の疑いなどが考えられるといえます。

他にも慢性肝炎や肝硬変、脂肪肝などの異常を示す数値として参考にすることができます。

γ(ガンマ)-GTP胆道系の細胞に多く存在している酵素で、解毒作用に関連しているものです。

基準値より高い場合はアルコール性肝障害が強く疑われます。

この数値が高い方は普段からお酒の摂取を控えることがとても大切となります。

他にも肝臓の機能の異常を示すことがわかる検査値がありますが、血液検査の内容によって異なります。

何らかの異常が指摘された場合は速やかに精密検査を受けることをおすすめします。