肝臓機能について

肝臓機能の役割とは?

肝臓の位置は、上腹部に位置しており、ほとんど助骨の下に隠れています。

右上腹部のほとんどを占めており、体内では最大の臓器とも言われており、重さは約1,000〜1,500gで、体内環境の維持に大きな役割を担っています。

別名「沈黙の肝臓」とも言われており、多少の損傷や機能低下があっても自覚症状があらわれにくいという特徴も持っています。

また、肝臓に多くの役割を果たすために、たくさんの酸素を必要とするため、たくさんの血管と胆管があり、すみずみの細胞まで届いています。

通常、臓器には動脈と静脈の2本の血管が出入りしていますが、肝臓には門脈・干動脈・干静脈の3本の血管が出入りしており、中でも門脈と呼ばれる血管は肝臓にしかありません。

肝臓機能とは

・肝臓の構造

門脈 小腸で取り込まれた栄養素成分や代謝物などを処理するために肝臓でへ運ぶ血管です。

肝動脈 肝臓が働くのに必要な酸素を多く含んだ血液を心臓から肝臓へ運ぶ血管です。

肝静脈 肝臓でつくられた栄養分や代謝物など処理されたものを心臓に運ぶ血管です。

胆のう 肝臓でつくられた胆汁を溜めて保管しておく袋です。

・肝臓の働き

肝臓は栄養素やいろいろな物質の原料を化学反応によって加工する、化学工場のような役割を担っています。

私たちの肝臓には何千という酵素があるといわれ、この酵素のはたらきにより肝臓はさまざまな機能を営んでいます。

・肝臓の機能

代謝機能 食物からとった糖・たんぱく質・脂肪などの栄養素を体内で使える形に変え、必要なときにエネルギーのもととして供給する、代謝機能が備わっています。

・解毒機能

アルコールや薬、老廃物などの有害な物質を毒性の少ない水溶性物質に分解し、からだに影響をおよぼさないように解毒作用を行っています。

・胆汁の生成

肝臓でつくられた老廃物や古くなった赤血球などをを流す「胆汁」を生成・分泌し、血中のコレステロール濃度を調整たり、糖質の消化吸収を助け、胆汁は脂肪の消化吸収を助ける消化液でもあります。