肝臓機能が低下すると 記事一覧

イライラしやすくなる
春になると肝臓は活発に機能し始めると聞きます。冬の間に溜まった体内の老廃物を解毒しようと肝臓はいつも以上に働きだします。そのおかげで肝臓は疲れてしまい、身体に様々な悪影響を与えてしまうのです。

身体全体が淡黄色になる
肝臓が悪くなったり、肝機能が低下している時に身体全体が淡黄色になるという症状が出てきます。肝臓が悪いと自覚症状がなくても身体全体が淡黄色になってきた場合は、肝機能が低下しているサインになるのですぐになんだかの処置をとななければなりません。

不眠になる
肝機能が低下すると自律神経失調症が起こり、しっかり眠る事ができなくなり不眠になる事もあるようです。自律神経失調症は精神的な病気になります。肝臓が弱るとストレスを感じやすくなり不安も多く抱くようになります。

記憶力低下
肝臓が弱っているという事は疲労回復にも支障が現れてきます。疲労の原因でもあるアンモニアの解毒ができなくなり、身体の色んな所に影響が出てきます。脳の働きにも支障が出てきます。

クモ状血管腫が出る
肝臓が弱っている時に皮膚にクモ状血管腫が出る場合があります。これは肝臓が弱っている時のサインになります。直径3o〜1pほどの赤い色をしたクモの巣みたいな発疹が顔や首、胸などの上半身にできます。

手足が冷える
肝機能が低下する事で人間の体には様々な悪影響がでてきます。手足が冷える、寒がりになる、暑がりになるという事も肝臓の機能が低下している時に起こる症状になります。

胃もたれ
胃がもたれる症状がある場合、真っ先に疑うのは胃になります。しかし、胃が原因で胃もたれが起こっているとは限りません。肝臓が原因で胃もたれが起こる事もあるのです。

悲観的になる
肝臓に負担をかけすぎてしまうと精神的な部分にも影響が出てきます。肝臓が弱ると精神的にも影響が出るの?と思われた方もいると思いますが、ここでは肝臓が与える精神的影響についてご紹介しています。